【VWLIVE!】フォルクスワーゲン「Sharan」を4年ぶりモデルチェンジ!

皆様こんにちは!

TSワーゲン堀本です。

 

本日9/15より、フォルクスワーゲン正規ディーラー様にて、

4年ぶりのモデルチェンジが行われた「Sharan」が発売です!!

「Sharan」の名前の由来は

ペルシア語で「王族」を表す"Shah" という単語からの造語。

らしいです。 

王族のような贅沢な移動をさせてくれるってことですかね。

へぇ~。

旧型の「Sharan」には乗ったことがあるのですが、

大きなサイズのミニバンにも関わらず、ふわふわとした揺れ(ロール)が少なく

スーッと進むような印象を受けました。

高速道路のつなぎ目の段差もあまり拾わず、快適です。

確かに「王族」の名にぴったりの優雅さを持っていますね!

7人乗りミニバンには珍しく二列目、三列目のシートが独立してるやつ、

あれも贅沢さの一貫なんでしょうか?

今回は従来の「Sharan TSI Comfortline」「Sharan TSI Highline」に加え、

エントリーモデルの「Sharan TSI Trendline」が追加され、より「身近な輸入ミニバン」として選びやすくなっています!

価格は「Trendline」が360万円、「Comfortline」が394万円、「Highline」が463万円となっています。(価格は税込み)

 

新型「Sharan」では安全性がさらに向上しています!

ミリ波レーダーで前方を監視し、

先行車との衝突の危険性を警告音でお知らせします。

それでもドライバーが回避したり速度を落とさない場合、システムが自動的にブレーキをかけて、

衝突の衝撃を軽減、もしくは衝突を未然に防ぎます。

これが、プリクラッシュシステム“Front Assist”です。

 

また、衝突や追突の際、システムが自動的にブレーキをかけて

二次被害を軽減するポストコリジョンブレーキシステム。

(post-collisionは後衝突の意)

これら2つの安全機能は全車に標準装備されています。

 

その他にも様々な安全装備がオプションとして用意されています。

 

これからの行楽シーズン、家族の安全を守る高性能ミニバンでお出かけしましょう♪